私が健康のために意識的に取り入れている野菜はほうれん草です。

ほうれん草は西アジア原産です。

クセが少なく甘みのある東洋種と、アクは強いが収穫量の多い西洋種がありますが、現在はこれらの交配種が大半を占めています。

20160701151625

最近は生食用に改良されたクセのない、サラダほうれん草も人気です。旬は冬です。

栄養、味わいとともに冬のほうが夏より優れています。鉄分の含有量は、野菜の中でトップクラスの量です。

鉄分は、赤血球のヘモグロビンとなって、酸素の運搬に使われたり、肝臓、脾臓、骨髄などに貯蔵され、細胞の代謝に利用されています。

また、ほうれん草は、造血作用のある葉酸も豊富です。そのほかβカロテン、ビタミンB₁・B₂・B₆・Cや、カルシウム、カリウム、マグネシウム、マンガンなどのミネラル類を含み、緑黄色野菜の中でも栄養価は抜群の量です。

ビタミンAは、小鉢一つ分で一日の栄養所要量をクリアするほど多量にあります。

優れた抗酸化作用をもつビタミンEと一緒に取れば、血管の若さを保ち、血液サラサラ効果を高めるだけでなく、ガン予防の最強の組み合わせとなります。

ゴマやナッツ類など、ビタミンEを多く含む食品と合わせて摂り、効率よく吸収します。こういったことから、日本の水道水はミネラルが少ないのでほうれん草を食するだけでも、健康になれます。

もう1つ、注目している野菜がクラチャイダムです。

クラチャイダムはタイ原産の、黒ショウガや黒ウコンと呼ばれる植物で、主な効能としては精力や活力の増強効果に期待できます。

有名なサプリでは、精力剤のクラチャイダム王というクラチャイダム100%の精力剤なども人気のようです。

栄養素が豊富とのことで、日常に取り入れてみようと思っています。

私もかなり気になっているので、また買って実際に飲んだ感想などをレビューしてみようかと思います。